sakurasinmachi001

iPhoneとInstagramを使って朝ランで手軽に写真を加工する(*^。^*)

おはようございます)^o^(

今日も2Kmを走ってきました。

いつも朝ランで撮っている写真の反響がよい!?ため撮り方を書いていきます。

種明かしは、IPhoneとInstagram―インスタグラム

知ってるよ!?と言われるかわもいると思いますが、Instagram―インスタグラムは、写真の共有に特化したSNSです。

 

パソコンでは使えず、IPhoneでしか使えないにもかかわず、かなりの人気があります。

その人気になっているのが、手軽な写真加工です。

従来なら、専用の加工ソフトでできたことが手軽にできるようになっています。

photo

 

まずは使ってみる。

photo

最初は、真ん中のカメラのボタンしか使わない。

真ん中のカメラのボタンを押すと、撮影できる画面になる。

photo

被写体をカメラにとらえて、カメラマークを押すと撮影される。

ここからが、Instagram―インスタグラムの本領発揮!!

とりあえず、Tully’sのグラスで説明(*^。^*)

photo

撮り終えると、下部に木のマークがでる。

最初は、「Normal」になっているが、これを横にならんでいる別の木を押すと、加工パターンが選べる。

このフィルタリングを切り替えることで、プロ並みの写真加工が行える。

例えば、「Toaster(トースター)」を選ぶと、パンを焼いたイメージのフィルタリングがかかる。

photo

「Inkwell(インクウェル)」はモノクロのことで、白黒のカラーで表現される。

photo

次は、非常によく使う、「Nashville(ナッシュビル)」。

Nashville(ナッシュビル)はアメリカの州都だが、文化の町であるらしくフィルタリングも様々な加工がされる。

アメリカンな加工がされるので、かなり味がある写真になります。

photo

あとは、「レ」のマークを押して、保存する。

photo

「キャプション」は写真と一緒に投稿される言葉。

「ジオタグ」は撮影場所。

「共有」はそれぞれのSNSに同時投稿してくれる。

まだまだ、たくさんの機能がありますが、今日はここまで(*^。^*)

ランニング記録

年間800km、昨日まで10Km、本日2Km、残り788Km。