FreeWpThemes001

WordPressで使えるテーマ、テンプレート

WordPressのテーマ(テンプレート)はデザイン性や共通的なデザインのカスタマイズ性からFreeWpThemesを愛用している。

うぇぶりょくのタカさんから教えてもらった。

WordPressは完成度の高いテーマを使うべき

WordPressのデフォルトのテーマではやはりデザイン性やユーザーの操作性からみて見劣りするし、市販のテーマと同じぐらいにカスタマイズするとなるとかなり時間もかかりしんどい。

ネットショッピングやアフィリエイトサイト、Webサイト構築などでは時間もかけれない。

FreeWpThemesでは、デザイン性の高い様々なテーマが極力同じ設定画面でカスタマイズできるように作られている。

しかもほとんどのテーマはフリー(無料)で提供されている。

ネット通販総合ショップのネットミールに新しいテーマを適用したいと思います。

テーマを取得する

実際に、FreeWpThemesのサイトからテーマを取得する。

「DEMO」を押せば実際のサイトを見ることができる。(これも最初は驚いた(^。^)y-.。o○)

左カラム、右カラムはもちろんのこと非常に豊富なテーマがそろっている。

総合ネットショップを作りたいので、商品カテゴリが重要。左カラムのテーマを探した。

あと、グローバルメニューが以外に重要だ。グローバルメニューのフォントの書体・サイズをあとから変更するのは、かなり面倒なので、グローバルメニューだけは、修正しなくてよいテーマを選ぶ。

今回は直感的に操作がわかりやすかった、「Vitrine」を選んでみた。

WordPress Theme

「DOWNLOAD」を押すとテーマが取得できる。

テーマを設定する。

ダウンロードしたテーマは、「Vitrine-1.0」と圧縮されているが解凍せずに、WordPressにアップロードする。

アップロードの仕方は、WordPressの管理画面で、「外観」⇒「テーマ」⇒「テーマのインストール」タブ⇒「アップロード」を押して、「ZIP形式のテーマをインストール」で行う。

後は、「参照」ボタンを押して、圧縮されたテーマを選択し、「今すぐインストール」を行う。

インストール後に有効化することで、テーマが適用される。

次回からは、テーマVitrineの設定を行っていく。


“WordPressで使えるテーマ、テンプレート” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。