2012-09-17_1948

Facebook、Twitterで集客するために行ったこと。Twitterのよさを引き出し活用する。

こんにちは、@yoshiii514 です。

Twitterはご存知のとおり、140文字という制限がある。

Facebookとはことなり、繰り返し発信してもあまり違和感のないメディアだと感じている。

TwitterはFacebookと比較すると、まったく関係のなかった、新規の人へのアプローチに向く。

まったく知らない人からRTをされていたりして、異なる空間で拡散していたりする。

 

Point1.Facebookとの切り分けを明確にする。

FacebookとTwitterとの情報発信の切り分け(目的)を明確にする。

Facebookは重量コンテンツ、Twitterは軽量コンテンツのイメージ。

 

Point2、FacebookとTwitterの自動連携はオススメしない

FacebookとTwitterはプラットフォームがことなるのでオススメしない。

もし、連携するならFacebookからTwitterに情報を流せるように連携する。

 

Point3.ハッシュタグを必ず使う。

発進したい情報のハッシュタグを事前に調べておく。

ハッシュタグ(#)はフォローしてるしてない関係なく、情報を伝えたり、集約することができる。

また、会社・団体の情報を得やすいように、自社のハッシュタグを用意しておく。

 

Point4.すべてを伝えようとしない。

イベントなら日時とキャッチ―な言葉とハッシュタグのみにして、詳細はブログやFaebookイベント、Facebookページに飛ばす。

Twitterはきっかけ作りとして使う。

 

Point5.長文を細切れにしてツィートする。

伝えたいこを、あえて長文にして、細切れにしてツィートする。

 

Point5.【RT希望!!】を付加する

どうしてもリツィートしてほしいときは、【RT希望!!】を付加する。

 

Point6.あらかじめツィートしたい文章を蓄えおく。

140文字以内で伝えたい文書を100個ぐらいは考えておく。

順番に空き時間でツイートする。

 

Point7.HootSuite を使う。

HootSuite なら無料で5アカウントまでまとめてツィートできる。

公式アカウント、個人アカウントをまとめてツィートする。

 

Point8.同じテーマ、関連のある分野のアカウントをフォローする

関連性の強いアカウントをフォローすることでRTされやすくなる。