2012-11-27_1214

EMOBILE(イーモバイル) Pocket Wifi LTE GL04P の使用感まとめ!

iPhone5で、テザリング機能(パソコンなどネットにつなげれる中継機能)がもうじき使えるようになる。

だが、iPhone5でテザリング機能が使えたからといって、wifi端末がいらなくなるかといとそうでもない。

まず、iPhone5は圧倒的にバッテリーのもちが悪い。僕は常に、薄型の予備バッテリーを持ち歩いている。(参考記事:iPhone薄型で大容量のバッテリー!スマホ4回分充電可能。USBモバイル電源 QE-QL301

予備バッテリーを持っていたとしても、おそろくテザリングしながらだと相当に厳しい。

そして、iPhone5は電話のため、通話中にネット回線が安定するかという問題もある。

最大の問題は、iPone5のテザリングはデータ量の制限がある。7GBらしいが、制限がある以上、上限はいくらであるか関係はない。なぜなら、僕の場合はノートパソコンでサイト制作、ブログ更新やYoutubもガンガン再生しているため、データ量の制限がある時点でNGなのだ。

僕の結論では、iPhone5のテザリングはあくまで補助用だ。

やはり、回線端末は専属の機器があったほうがよいというのが僕の持論で、技術革新は、wifi端末をいかに長時間使えて、いかに小型化するかに焦点を絞ってほしい。

話がそれてしまったが、僕が所有しているWifi端末、EMOBILE Pocket Wifi LTE GL04P を紹介したい。

 

EMOBILE Pocket Wifi LTE GL04P の概要

以前は、GP02をもっていた。そのときはバッテリーのもちが悪くかなり不満だった。GL04Pになってから大幅にバッテリーのもちがよくなりとても快適だ!(^^)!

全体的な所感として、サイズが大きい以外はとくに問題はないという感じ。

もちろん、フリーランスの方や中小企業で導入するにも問題ないスペックだと思う。

 

10台まで接続可能!

1台のWifi LTE GL04Pで、最大で10台の機器が接続できる。

我が家では、iPhone2台+iPad1台+ノートパソコン1台+デスクトップ1台で合計5台だが、すべてが繋がってもなんとか動く。

10台まで接続可能であれば、ほぼ困ることはない。

もし、学生で予算的に厳しいならば、自宅のADSLや光ファイバーを解約して、Wifi LTE GL04Pだけでもよい。

 

重量と大きさ

重量は、約140gで、大きさは名刺サイズ。

僕的には少しサイズが大きい。いろんな情報機器を持ち歩かなくてはならない現代においては、もっと小型のものがよい。

WiFiが指の爪ぐらいのサイズになれば、色んなものに埋め込めるので革新的に変わってくると思う。

 

下りが最大75Mbpsという高速性!

規格の最大75Mbpsなどの表記だが、絶対にこの速度はでない(笑)。

だが、規格の最大値が大きければそれだけ平均速度も速くなる。

LTE規格は、今後は、150Mbpsまで拡張予定なので、特に買い替えなくても速度が上がっていく。

BNRスピードテストで実際の速度テストを行ってみた。

 

◎東京都新宿区代々木で速度測定

カフェの奥だったのか、数回実施したが安定せず、0.7Mbps~11Mbpsでムラがでる。

 

◎東京都渋谷区宇田川町で速度測定

12.55Mbps!!さすが都心といったところ。多分これが最高速度だろう。

 

◎東京都世田谷区三軒茶屋で速度測定

1.74Mbps!!かなり速度が落ちた・・・。

外出時に、1Mbps以上あればYoutubeも再生できるレベルだし、それほど困ることはない。

 

◎東京都世田谷区弦巻で速度測定

自宅で測定。0.5Mbps~6Mbpsで速度計測できた。

 

LTE ⇔ 3G に切り替わる。

LTE規格の問題点は、カバーエリアが少ないことにある。

まだまだ都心部しか対応していない。

EMOBILE Wifi LTE GL04P はLTE回線で繋がらないときは、従来の3G回線で繋がる。若干、回線速度が落ちるが使えないレベルではない。3G回線は従来の回線のため、圧倒的にカバーエリアが広い。

3G回線に切り替わってくれることにより、広範囲のエリアをカバーしてくれることになる。

サービスエリアは随時拡張されてるので、EMOBILEサービスエリアを参考にするとよい。

 

圧倒的にバッテリーの持ちがよい!

バッテリーのもちがよい。ほんとによい。圧倒的に。

公開されているスペックを見てみよう。

公式サイトより。

連続待機時間:約380時間

連続通信時間:約10時間

連続待機時間は、接続されていない状態を示すが、それでも380時間はすごい。

連続通信時間は、実際に通信している時間。1回の充電で、1日使える。これは格別にうれしい!(^^)!。

なぜなら、wifi端末は、当然に通信の中核となる。通信の中核になる、Wifi端末が長時間使えないようでは困る。ましてや、パソコンから電源を供給してもらうことは、ご法度だ!

 

月額、3880円という低コスト!

以前のGP02のときは、4200円ぐらいしていたので、月額3880円とかなり安くなった。

1日あたり、約130円ぐらいになるので、かなり安い。

自宅のADSLや光ファイバーを解約して、Wifi LTE GL04Pの1本にするとかなりの節約になる。

 

ネットからでも申込みができる。

EMOBILE Wifi LTE GL04Pは、ネットでの申込みも可能だ。

送料は無料で、最短当日配送(条件による)。

2年間の長期割引サービスに加入すると、月額3880円になるので、加入したほうがよい。

 

イーモバイル端末 と パソコンとのセット購入はお得?

よく家電量販店で、イーモバイル端末とパソコンとのセット販売を行っている。

パソコンが100円とか0円だったりする。凄く安く感じるが、結論から言うと、安くはなっていない。

というのは、パソコンが格安な分、イーモバイルの月額利用料が5000円だったりと少し高めに設定されていたりする。トータル的にみて、支払額はそれほど変わらない。この場合は、5000円ー3880円=1120円がEMOBILEから家電量販店に支払われることになる。だから、パソコンがタダというわけではない。

イーモバイル端末+パソコンを最初に一括で支払って購入するか、分割で支払いをしていくかの違いになる。

とは言っても、最初に購入する資金がない人にとっては非常に魅力的な組み合わせになる。

イーモバイル端末とパソコンのセット購入が可能なショップをピックアップしてみた。

 



イーモバイルマーケット

イー・モバイルとパソコンのセット販売だけを取り扱っている。wifi端末は、イー・モバイルだけなのであとはパソコンを選ぶだけでよい。

 

NETEDEパソコン

通信回線+パソコンのセット販売の専門店になる。もちろん、イーモバイル端末も取り扱っている。セット販売に特化しているサイトのため、非常にわかりやすいサイトになっている。

2012年11月30日まで、イー・モバイルと0円PCのセット販売のキャンペーンを行っている。

 

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

ジャパネットたかた

テレビ通販でお馴染みです。パソコン+周辺機器を激安で販売していたりします。

その時々で、取り扱っているものが違いますが、今のところWifi端末はイーモバイルを押しています。

 

楽天市場

楽天市場でも探してみた。下記のリンクは、セット販売で感想件数順に表示されるようにしてある。

楽天市場で、イー・モバイルとノートパソコンのセットを探してみる。

 

あとがき

僕はイーモバイルが好きだ。先進的なイメージもあるし、板野友美を起用したCMもファッション性があってグッドだ!(^^)!。

 

 

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

 


“EMOBILE(イーモバイル) Pocket Wifi LTE GL04P の使用感まとめ!” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。