2012-11-28_1355

Facebook、Instagramとのデータ統合の計画が動きだす。

ITmediaニュース「Facebook、Instagramとのデータ統合を計画」からFaebookとInstagramのデータ統合が始まりつつあることが読み取れる。

もともとFacebookのカメラ機能や写真機能があまりにも貧弱であったために、他のアプリで補う必要があった。また、SNSで拡散していく上で、画像のもつ影響力がすこぶる高いことも証明された。

 

Instagramは、文字(テキスト)ではなく写真に特化して、SNSを構築した。独自のSNSだけでなく、Twitter、Facebook、Foursqueareなどの他のSNSとも積極的に連動できる。そして、簡単に撮影ができて、フィルタ加工できる。

 

Facebookの最も重要な系列事業の1つは、スマートフォンで利用できる写真共有サービス、Instagramだ。Facebookは2012年10月に約7億1500万ドルでInstagramを買収している。

 

Facebookが、自分の弱点となるものを補う形でInstagramを買収したことになる。

Instagramが大好きな僕としては、ただただ、今までの機能がなくならないことを願うだけだ。

僕としては、Facebookアプリと写真撮影機能とは別アプリにすることをおすすめしたい。既に、Facebookは機能が多すぎて機能過多にあると思うので、ここにInstagramの写真撮影機能を入れることは現実的ではないように思う。

 

 

Facebookは今回の改定により、InstagramとFacebook両方からユーザーの情報を集め、単一のユーザープロフィールを構築できることになる。

近いうちに、ユーザー情報が統合されるようだ。

どのような状態で情報が統合され、今まで写真はどうなるのか?SNSの情報はどうするか?Instagramの柔軟な連携機能を残すのか?など、今後どのようになっていくのか楽しみだ。