wordpress3_5_upgrade_005

WordPress3.5へのアップグレード!気になる変更箇所をまとめてみた。

去年(2012年12月11日)にWordPressのバージョン3.5が公開された。

僕は次の日に、バージョンアップした。

WordPress3.5へアップグレード後は動作が不安定になるプラグインが結構あったのだが、すぐさま、プラグインのアップグレードも発表されて問題なく稼働できるようになった。

僕の個人的に、WordPress3.5へのアップグレードして、興味があるのは、メディアマネージャと新テーマ(Twenty Twelve)だ。

WordPress Pencil and Pins-03
WordPress Pencil and Pins-03 / thisismyurl

メディアマネージャが使いやすくなった。

以前のメディアマネージャ(画像のアップや管理するもの)が使いにくかった。

なにより、投稿時の画像をアップしたいときのボタンが大きくなりわかりやすくなった。

wordpress3_5_upgrade_001

画像の編集画面の配置がわかりやすい。左が画像で、右が画像のキャプションなどを入力できるので、画像のタイトルやキャプションを設定しやすくなった。

wordpress3_5_upgrade_003

画像のタイトルやキャプションを変更したときの保存ボタンがなく、自動的に保存されるようになっているようだ。これは流石に便利だった。

wordpress3_5_upgrade_004

旧メディアマネージャでは、投稿記事に対しての画像だけが表示されていた。あたらしいメディアマネージャでは、すべてが表示されていて、「この投稿へのアップロード」で投稿記事単位でアップロードした画像が閲覧できる。

wordpress3_5_upgrade_002

新テーマ Twenty Twelve

毎年、WordPRessの新しいベーステーマ(基本テーマ)が公開される。

毎回、もっとデザイン性の高いテーマを選ぶべきか、ベーステーマからカスタマイズしていくべきかを悩まされる・・・。

でも、デザイン性の高いテーマを選んでもカスタマイズがしにくかったり、PHPファイルの名称が異なったり、テーマ独自の管理画面が使いにくかったりして、操作を覚えるだけで、時間がかかる。効率性を高めるために、完成されているテーマを使ったのに、逆に効率が悪かったということはよくある・・・。去年はそういう年だった(笑)。

今年は、Twenty Twelve(トゥエンティトゥエルブ)をベースとして、サイト制作を行うと決めている。レスポンシブルに対応したテーマでもあるので、Twenty Twelve の構成を理解して、自由自在に使えるようになりたい。

下記で詳しく、Twenty Twelve の説明はされているので参考にしたい。

新テーマ: Twenty Twelve — ブログ — WordPress.com

去年は使っていなかったが、WordPressでサイト制作をガンガンしていきたいので、日本語フォーラムも活用したい。

WordPress.com 日本語フォーラム

今年は、WordPressとMacBookの年になりそうだ)^o^(