Base_Of_Wordpress_002

2年前のWordPress初心者の僕へ贈る Part1:どこまでやるのか?

無料ブログを使っている方や、初めてブログやサイト制作する方でWordPressを選択肢に入れる方は多いと思う。

2年前の僕も初心者でよくわからないまま、WordPressを使っていた。

これからWordPressを始めたいと思う方のために、あらかじめ認識として知っておいたほうがよいことを記載してみたい。

そもそも、自分自身はどこまでやりたいのか??

WordPressを検討しているということは、ブログを書きたい!、ホームページを作りたい!ネットショップをしたい!などの欲求があると思う。

僕自身、WordPressを始めたのは、ブログを書いたり、Webクリエイターとしてサイト制作を受託したり、自社サイト(アフィリエイトサイト、ネットショップ)を作って行きたいと思ったので、WordPressを使い始めた。

ようはバリバリ、Webサイトを制作したり、ハードにブログを書いたりしたかったのだ。

僕のような人には、WordPressはもってこいのベース基地となる。

だが、IT技術をなにも知らない初級者にはハードルが高い代物。

レンタルサーバーなるものに契約したり、ドメインを取得したり・・・。

僕も最初は、かなり苦労した・・・・。

WordPressでブログ記事が投稿できるようになるまでの道のりはけっこう厳しい・・・。

WordPressのインスト―ルが終わってもプラグインなるものを導入したり、超頻繁にバージョンアップが繰り返えされたり・・・。

だから、「自分自身はどこまでやりたいのか?」ということをよく考えておく必要がある。

そんなに、IT技術を勉強する気持ちがないのであれば、無料ブログで十分だと思う。

WordPressの設定や勉強に時間がかかってしまって、より重要なコンテンツ(記事)に時間が割けなくなるのであれば本末転倒だからだ。

 

WordPressがSEOに強いという神話

僕は、WordPressがSEOに強いのではなく、独自ドメインがSEOに強いのでは??と思う。WordPressの最終出力はHTMLなので、別に従来のホームページとはなんら変わらない。

無料ブログの場合は、無料ブログの運営企業が独自のSNSで補強(アメーバピグみたいに)したり、ランキングしたり、ニュースメールなどを外部に発信したりしてくれるので集客しやすく、アクセスも上げやすい傾向にあると僕は思う。

WordPressの場合は、自分個人でなんとか集客するしかない。

ただ、WordPressは慣れてくるとどんどんカスタマイズが効くようになるので、自分の体になじむように最適化することが可能。

 

最初の一歩のレンタルサーバー



 

最初の一歩のWordPress書籍

つづく。