Dropbox_sync_limit_000

DropBoxの重たいファイル同期を制限速度を使って調整してみたら、ものスッッッッゴイ使いやすくなってDropboxが魔法の箱になったよ。

DropBoxの同期はかなり重たい。

僕はノートパソコンとデスクトップを使っているのだが、デスクトップは1週間に1回ぐらいしか使わない。

久しぶりにデスクトップをアクティブにするとDropboxの同期が始まるのだが、これがかなりの重量級。

DropBoxの同期にすべてのリソースが奪われてしまって、パソコンがフリーズした状態になる。

DropBoxの同期のために、ネットワーク回線が全て使われてしまうようで、メール受信もできない。

また、パソコンのメモリリソースもかなり占有されるみたいで、ほとんどアプリが動かない・・・。

仕方ないので、毎回、「同期の一時停止」して作業していたが、これはこれで面倒くさい。

どうにかならないものかと、設定画面をいじってみると・・・・。

あるじゃん、制限速度!!

制限速度は、全体で使えるネットワーク量に対して、アプリから上限を設定できるもの。

当然、DropBoxはその上限までしか使えないので、空いた領域で別の作業ができる。ファイル同期中でもメールを受信したり、サイト閲覧することが可能になる。

設定画面は右下のアイコンクリック。

Dropbox_sync_limit_001

設定ボタンをクリックすると、メニューが表示される。

Dropbox_sync_limit_002

「基本設定」をクリックすると、設定画面が表示されるので、「バンド幅」のアイコンをクリックする。

すると、待ち焦がれた制限速度を設定できる画面が表示される。

Dropbox_sync_limit_003

ダウンロード時とアップロード時の速度が制限できる。

ポチッと制限速度をかけてみる!!そしたら・・・・すんごい、快適!!

ダウンロード時の制限速度は「20kb/秒」、アップロード時の制限速度は「10kb/秒」がオススメ!!

Dropbox_sync_limit_004

でわ、ポチ!

 

 

すーーんごい!!

いやいや、快適じゃないですか!!

Dropboxでファイル同期中も・・・WordPressでブログ更新できる!、メール受信できる!、サイト閲覧できる!最高!最高!最高!!!!。

DropBoxの制限速度はネットワークの使用量を制限するのだけど、転送量が少なくなると、メモリも解放されるようで他のアプリもかなり軽快に動くようになる。

これで、DropBoxでファイル同期しながら、他の作業もすることができる。

ホント、快適になった!満足、満足!