beginners-know-seo-001

初心者がSEOを効率的に学習するための7つのステップ

数か月前は、僕もSEO初心者だった。

この記事は、次の人たちのために書いてみました。

  • SEOをまったく知らないので基礎から学びたい
  • ブログやサイトの運営を最近始めた
  • 適切なSEOの情報を入手したい
  • たくさんある情報の中、どの順番でSEOを勉強したらよいか悩んでいる

僕の感覚ですが、SEOを勉強すればするぼど、「ただ、記事を書けばよい」という考え方だけでは難しいことがよくわかります。

SEOは客観的なので、独りよがりのサイトやブログは嫌われます。

僕自身、SEOを勉強することでサイト制作やブログなどで無駄なくテーマ設定できたり、記事が起こせたりしているのを感じます。

medium_5267464508
photo credit: MoneyBlogNewz via photopin cc

管理人がSEOを学んできた中で、「もっとこうすれば効率的だった」、「これは学んでおくべきこと」を書いてみました。

Step1.まず、用語を確認します。

SEO-Search Engine Optimization 訳すると検索エンジン最適化です。

[thumb url=”http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96″]

インターネットの世界は、YahooやGoogleといった検索エンジンが最初の入口となります。この入口には検索窓という、キーワードを入力する箇所があり、隣の検索ボタンを押すと、インターネットから検索され該当するページのリストが表示されます。

 beginners_seo_002

キーワードを入力されてGoogleは検索を開始しますが、このときに膨大なネットを最初から探すわけではありません。あらかじめGoogleがもっているデータを検索して表示しています。

この「あらかじめGoogleがもっているデータ」を集めていくことをクロールするといいます。よって、クロールされないサイトはGoogleに登録されないので、いつまでたっても検索されることはない!ということになります。

 Step2.Googleからの公式ドキュメントで基礎力を養う。

[thumb url=”https://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja”]

 上記のサイトに、「検索エンジン最適化スターター ガイド」というPDFファイルへのリンクがあります。こちらが公式ドキュメントです。

最初はよくわからなくても何度も熟読することをおすすめします。

検索エンジン最適化スターター ガイドを熟読することで、基礎知識は身に付きます。僕もしつこいぐらいに何度も何度も読みました)^o^(。

Step3.Webマスターツールに登録して使い方を学ぶ

Webマスターツールは、さまざまな情報を提供してくれます。

僕が実施した取り組みは、Webマスターツールの理解とWebマスターツールからのアラート(エラー)を解消することです。

(今もなお、解消できていないエラーはありますが・・・)

マスターツールはサイトを解析してくれるので、どのページが重複していて、問題があるかを分析することができます。

Webマスターツールに限らず、アナリティクス・Google+・YoutubeなどのGoogle関連サービスと連携しておくことを強くお勧めします。

これは僕の個人的な見解ですが、Yahooの内部検索エンジンがGoogleとなってしまった現在では、Googleが提供するサービスと連携することでSEOも非常に強くなると考えています。

GoogleWebマスターツールの使い方は、次の記事がよくまとまっています。

[thumb url=”http://www.seotemplate.biz/blog/seo-tool/578/”]

[thumb url=”http://nanapi.jp/86985/”]

Step4.メタタグを理解する。

メタタグを理解すると、細かなコントロールができます。逆に知らないと苦戦することになります。

WordPressはカテゴリー、タグ、月間記事、ランキング、トップページなどのように、簡単に記事をリストアップしてくれます。ですが、中身は同じ記事のため、そのままにしておくと重複コンテンツとなって、評価がさがる原因になります。

この重複コンテンツを理解して、対策するためには、どうしても「メタタグ」というものの理解が必須になります。

[thumb url=”http://www.suzukikenichi.com/blog/how-to-use-meta-noindex-nofollow-noarchive/”]

[thumb url=”http://whitehatseo.jp/robots-meta%E3%82%BF%E3%82%B0noindexnofollownoarchive%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/”]

[thumb url=”http://whitehatseo.jp/meta%E3%82%BF%E3%82%B0-keywords-description%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/”]

Step5.WordPressを使う

SEOを1ページごとに行うのは骨の折れる作業です。WordPressであればプラグイン等でまとめて設定できます。

WordPressであれば、簡単にランキング、関連記事、カテゴリーなどを設定できるので、内部リンクが飛躍的に増えます。内部リンクはサイトの密集度みたいなものです。サイトの内のページ同士で適切にリンクを張り合うことです。WordPressであれば簡単に内部リンクを増やすことができます。

内部リンクが増えれば、サイト内のページを見てもらいやすくなります。

また、WordPressは独自ドメインでの運用が普通です。僕の感覚ですが、お金を払って独自ドメインを取得して運営したほうがSEOが強いと思います。

僕はレンタルサーバーロリポップ! を使っています。ロリポップならば、WordPressを簡単にインストールできます。ドメインはムームードメイン で取得しています。

SEO用のプラグインは、「All In One Seo  Pack」がおすすめです。次の記事がよくまとまっています。

[thumb url=”http://netaone.com/wp/all-in-one-seo-pack/”]

[thumb url=”http://rensaba-karuma.net/wordpress/plugin/1822/”]

WordPressを使うならば、せひとも熟読したい2冊の書籍です。

Step6.キーワードを意識したライティングを理解する。

結局、検索エンジンはワード(文字、単語)で判断します。テキスト文字は判断できますが、画像や写真は識別できないです。

文章を書くなら、検索されやすいキーワードを意識して書くことで、より効率よくアクセスが集まると思います。

僕も、ライティングの学習を始めたばかりです。

次の記事がとても勉強になります。

[thumb url=”http://bazubu.com/seo-13666.html”]

[thumb url=”http://bazubu.com/web-writing-13266.html”]

ライティングに関しては、次の書籍が本質をついていて繰り返し読み込んで実力を身につけたいです。

Step7.高速化

サイトの表示が遅いとSEO的にもよくありません。Webマスターツールでもサイトの表示速度が計測できるため、検索結果の順位にもサイトの表示速度が大きく影響すると僕は考えています。

訪問してくるユーザーも早く情報がほしいので、表示が遅いサイトはすぐに離脱されてしまいます。できるならば、徹底的に高速化したいです。

僕もまだまだ研究中ですが、僕の経験から、サイトの表示が低速になる主な原因は次のようなことだと思います。

  • ソーシャルボタンをたくさん設置している。
  • ソーシャルボタンが同期になっている。
  • CSS,JavaScript(jQuery)の読み込みが最適化されていない。
  • キャッシュをうまく設定して、活用していない。
  • 画像が最適化されていない。

僕はWordPressを使用していますので、WordPressでの高速化については次の書籍が参考になります。

最後に

以上が、僕が実践してきた7ステップです(#^.^#)。

個人でブログを運営したり、中小企業であれば上記の7ステップで十分だと思っています。

記事を読んでの感想や、「いやいやこのほうが効率的だよ」みたなのがあれば気軽にコメント、メッセください(@^^)/~~~。