medium_762062828

楽天ポイントを集めるなら、楽天カードは史上最強のクレジットカードになる。

もはや、1人で複数枚持っていてもおかしくないクレジットカード。

もっとも、おすすめなクレジットカードなに?と聞かれたら、僕は間違いなく楽天カードを真っ先に挙げる。

この記事は、次の人たちのために書きました。

  • どのようなクレジットカードを持つべきか悩んでいる。
  • 特典がもっとも充実しているクレジットカードを探している。
  • ポイント還元率の高いカードを探している。

国内で決済や支払をするなら、楽天カードは必ず持っておきたい1枚になるので、僕のアツイ思いを紹介したいwww。

ポイントはざっくざっく貯まる!!

medium_2500097744
photo credit: _Dinkel_ via photopin cc

楽天カードは、100円の支払で1ポイントもらえる。このポイントは楽天市場で商品購入時に現金と同様に使うことができる。

楽天市場では、1ポイント=1円で使えるので還元率は1%になる。ちなみに他のクレジットカードのポイントや現金への還元率は0.1%や0.01%だったりするので、「還元率は1%」はかなりよい数値だといえる。

さらに、僕のように楽天市場で買い物をよくする人は、支払を楽天カードにすると、ポイントが2倍になるので、購入代金の2%がポイントなって帰ってくる!!

例えば、楽天市場で3万円を使うと、600円がポイントになる。

僕の場合は水道光熱費、スマホの月額費用などの身近な支払を楽天カードでまとめて支払う。

旅行代金やレンタカー代金もカードで支払!!

そのため、毎月のポイントが、2,500ポイント~4,500ポイントぐらいは貯まる!

家族カードでさらにポイントを貯める!!

家族カードは、「引き落とし口座を1つにしながら、カード名義を複数持つ」ことができる。

家族カードはほんとに便利で、クレジットカードの名義は異なる(カード番号、有効期限など)が、引き落とし口座が統一され、ポイントも合算されるので、とても管理しやすい。

妻には楽天カードの家族カードを渡しているので、妻の支払も1枚のカードに合算されることになりさらにポイントが集まる。

家族がいる人にとっては、家族カードはぜひともおすすめしたい1枚だ。

もはや当然!年会費無料

楽天カードは年会費が無料。個人的にクレジットカードで年会費が有料のカードは使う気になれない。

国内で決済をするなら、基本は年会費無料のカードを探すことになる。

せっかくポイント還元率が高くても、年会費が発生してしまっては非常に損した気分になる。

この点も、楽天カードは年会費が無料なのでおすすめ。

提携企業が多い

medium_762062828
photo credit: orphanjones via photopin cc

楽天カードは決済するだけで、最低でも100円で1ポイントは付与される。

だが、「提携企業」を上手く使うことで、大幅なポイント獲得が狙える。

有名なのがガソリンスタンドのENEOS。ENEOSでの決済で楽天カードを使うと、ポイントが2倍付与されるので、100円で2ポイントになる計算だ。僕もENEOSでしか給油はしない。カーライフを楽しんでいる人にとって、これは嬉しいことだと思う。

あとは、ビジョンメガネがポイント3倍、紳士服のコナカがポイント3倍、アリさマークの引越社がポイント3倍とかなりの高還元率!!(提携起業は、2013年8月時点)

僕の場合は、提携企業を覚えているので大体はその企業でサービスを受けるようにしている。

 ETCカードと連携することでさらにポイント獲得のチャンスが!

medium_2080174627
photo credit: Hamed Saber via photopin cc

ETCカードは次のような割引サービスを受けることができる。だが、これらのサービスは楽天カードとは関係なく、ETCカード自体に付与されるもので、各社のETCカードとも同じである。

  • 高速道路料金が格安になる。
  • ETCマイレージがあり、高速道路料金に応じて無料通行分がポイントされる。

 少し残念なのだが、楽天ETCカードが開始されたときは年会費が無料だった。2013年8月現在では、年会費が525円(税込み)で発生する。ということは、525ポイントが差し引かれることになり、金額にすると、52,500円分はポイントが付かない。

年会費に関しては以下のように、ある一定条件を満たせば無料になるケースもある。(公式サイトより抜粋)

楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。

 次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、楽天ETCカードの次年度1年間のETCカード年会費は免除(無料)となります。

そして、楽天カードと連携することで、通行料金100円につき1ポイントが貯まるので、高速道路料金から楽天スーパーポイントをゲットすることができる。

非常に審査に通りやすい!!

medium_3007393167
photo credit: Fosforix via photopin cc

会社員や公務員をされている方は、あまり審査と言われてもピンッとこないと思う。

自営業、フリーター、学生、主婦などの方は、審査に通るか通らないかが重要な要素。

厳しいカードだと、自営業で収入があったとしても審査にとおらないこともあるとか。

その点、楽天カードは審査に通りやすいカードとしては有名!

今は少し審査が厳しくなったようだが、昔はほぼ誰でも審査にとおったと言われるほど。

新規入会で楽天スーパーポイントがもれなくゲットできる!

楽天カードは新規入会申し込みで、楽天スーパーポイントをゲットできる。

ゲットできるポイント数は、その時のキャンペーンによって異なる。

キャンペーンの内容によって異なるが、大体は2000ポイントから8000ポイントぐらいまでが初回申し込みでゲットすることができる。


今回は、もっとも使用頻度の高い楽天カードを紹介してみた。還元率の高いカードなので、ぜひとも使い込んでみてほしい。